[連載]観光立国のフロントランナーたち 三重県 鈴木英敬知事(3)

  • 2017/3/30


新旧の融合と目に見えない日本の文化の聖地

中村  昨年5月20日のポストサミットで松阪地区を訪問して、大台町や多気町などを県や各市町村の職員さんとともに視察をさせていただきました。その時、驚いたのは三重県の広さや多様性でした。他の都道府県にはない魅力が三重県にはありますね。

鈴木知事 その一つは、対照的なものが共存している県というところです。伝統的なものと非常に新しいイノベーションを駆使したものの共存、あるいは動と静の共存といったものがあるんです。伝統的な日本人の心のふるさとと呼ばれる伊勢神宮のような日本の伝統がある一方で、イノベーション(技術革新)を駆使したF-1日本グランプリが開催される鈴鹿サーキットがあります。

続きはこちらへ。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. TOKYO MX 討論番組「トウキョウもっと!² 元気計画研究所」に出演します!テーマは、「もっとインバウンドを盛り上げる東京になるために!」です。 …

    TOKYO MX 討論番組「トウキョウもっと!² 元気計画研究所」に出演します!テーマは、「もっとイ…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る
Translate »