持続可能なインバウンド実現には? 従来の観光地や地方のまちは、いかに東京という・首都圏という大都市からわがまちへと移動させるか、それだけを…

  • 2019/10/10

持続可能なインバウンド実現には?

従来の観光地や地方のまちは、いかに東京という・首都圏という大都市からわがまちへと移動させるか、それだけを考えてきた。すると、隣のまち、隣の観光地はライバルになる。それゆえ、観光客はどこの観光地へ行っても、近接しているはずの隣の観光地やまちの情報を手に入れることは極めて難しかった。これは等しく京阪神圏・中京圏他の大都市圏と周辺地域との関係にも言えることだ。

しかし、これからは「自分たちのまち・観光地にだけ来てほしい」という自己中心的な考え方の囲い込み戦略では生き残れない。大都市圏は、むしろ自らをゲートウェイ・シティ(玄関都市)と位置付けて、積極的に自都市圏を超えて広域の観光情報を発信し、旅行客の周辺のかくはん棒として役割分担していくことが、むしろ自らの持続可能なインバウンドの実現につながっていく。そして、それぞれの地域・観光地のほうも、マイクロハブ(小さなハブ)になって、近接するまちや観光地に送客することを心掛ける必要がある。つまり相互にマイクロハブ・ネットワークを形成し、地域全体に訪日客を共同で呼び込み、送り合う相互送客し合う考え方、このパラダイムへの転換が求められている。

★お知らせ★
10月17・18日に開催される「西日本国際インバウンドフォーラム in 高松」のチラシが完成いたしました!今回は、香川県の浜田知事、岡山県の伊原木知事、をはじめ、官民トップリーダーの皆様にご登壇頂きます。関西、中国、四国、九州の持続可能な未来の実現に向けて、今何をすべきかについて議論いたします。締切間近 となっておりますのでお早めにお申し込みください!

詳細はこちら↓
https://jif.or.jp/2019/07/24/6421/

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 持続可能なインバウンド実現には? 従来の観光地や地方のまちは、いかに東京という・首都圏という大都市からわがまちへと移動させるか、それだけを…

    持続可能なインバウンド実現には? 従来の観光地や地方のまちは、いかに東京という・首都圏という大都市…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »