インバウンド活性化に必要なものとは? 私は国内外の各地で、シビック・プライド戦略についてお話している。シビックプライドとは、単なるふるさと…

  • 2019/10/2

インバウンド活性化に必要なものとは?

私は国内外の各地で、シビック・プライド戦略についてお話している。シビックプライドとは、単なるふるさと自慢とは違う。シビックはもちろん市民であり、プライドは誇りだが、それは義務を伴うものである。「私のまちは私が支える」というのがシビック・プライドという言葉の真に意味することろだ。

「私のまちが生き残っていくことに私は関与する、また、私にはその責任がある。なぜならわがまちには譲れない魅力があるからであり、それを世界の人々に発信していく義務が私にはある」これが、シビック・プライドである。

これまで狭義のインバウンドには、特定の事業者だけが取り組んでいた。あるいは、国や自治体においては観光課だけがインバウンドを行っていた。その時点で、すでに国際競争では負けていると言わざるを得ない。しかもほとんどのインバウンド担当者は、レジャー産業の中だけでマネタイズポイントを探そうとする。例えば、補助金をいっぱい積んでアジアの団体ツアーを地域に降り立たせて・・・といったことをいつまでも続けても、全く意味がない。それはザルにバケツで水をいれているようなものだ。

シビック・プライドが地域に根ざしていないかぎり観光立国など不可能である。そうなれば、この国は生き残れない。つまり、シビック・プライドこを、観光立国の礎(いしずえ)なのである。

★お知らせ★
インバウンド活性化には、シビック・プライドの熟成と地方の魅力創出が重要です。その戦略・戦術について、多くの豪華ゲストに登壇頂き、10月17・18日に香川県高松市にて「西日本国際インバウンドフォーラム in 高松」を開催いたします。ぜひ足をお運びください!

詳細・お申込みはこちらから↓
https://jif.or.jp/2019/07/24/6421/

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 持続可能なインバウンド実現には? 従来の観光地や地方のまちは、いかに東京という・首都圏という大都市からわがまちへと移動させるか、それだけを…

    持続可能なインバウンド実現には? 従来の観光地や地方のまちは、いかに東京という・首都圏という大都市…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »