政府がインバウンドを必死で推進しようとしているのは、単にインバウンドが儲かる産業だからではない。インバウンド以外に、これからの日本経済を支…

  • 2019/7/16

政府がインバウンドを必死で推進しようとしているのは、単にインバウンドが儲かる産業だからではない。インバウンド以外に、これからの日本経済を支えていける基幹産業がもはやほかにないからである。確かにこれまでは、そして今なお製造業はわが国のGDPを支え、多数の雇用者を生みだす日本の基幹産業である。しかし、これからは違う。今後は国内の人口減少・需要減少に伴い、成長著しい海外消費地へと移転し、空洞化していくであろう。

2013年から2018までの対外輸出額(インバウンドの場合は訪日外客の消費額)の推移を見ても、着実に増えていっているのは、インバウンドだけである。2018年は4.5兆円となり、2013年の1.4兆円から3倍以上の増加となった。政府はこれを2020年には8兆円、2030年には15兆円とすることを目標に掲げているが、この15兆円という額は、長らく日本の最大の輸出品として経済を牽引してきた自動車産業(約12兆円)を上回ることになる。

つまり、インバウンドを日本最大の輸出産業にしよう、というのが政府の目指すところだ。それが、どこよりも急激に経済を成長し、どこよりも早く人口減少社会へ突入した日本が、「滅ばない国」として世界で生き残っていくための唯一の道だからだ。

#インバウンド #地方創生

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 今年の春、桜満開の季節に京都を訪問し、東山の清水寺界隈を視察した。いずこも凄まじい人波だった。まるで明治神宮の初詣での雑踏並みだ。国内客よ…

    今年の春、桜満開の季節に京都を訪問し、東山の清水寺界隈を視察した。いずこも凄まじ…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »