国際観光市場が増えている理由

  • 2018/11/14

日本に限らず世界中で観光市場が拡大し、また将来の拡大予想がなされているわけだがその理由は何か。

それはいうまでもなく、「世界の人口が増えている」ということが大きい。我が国の人口はすでに減少局面にはいってしまったが、世界の国々ではまだまだ人口は増え続けている。

注目すべきは圧倒的に人口が増えているのが、アジアの新興国であるという点だ。特に、15~64歳の「生産年齢人口」が増えている点が重要だ。それ故、これらの国々では1人当たりGDPが大きく成長している。単に人口が増えているだけではなく、豊かになっていく人々が増えているということだ。

そんなアジアの中心にいるのが日本である。だからこそ、日本のインバウンドは伸びているのだ。日本を取り巻くアジアの新興国は、今後ますます豊かになる。

1人あたりのGDPが伸びていく国の人たちは、ゆくゆくは世界各国へでかけていくようになる。彼らのアウトバン熱は、国が成熟するまでの間、上がることはあっても下がることはない。

アジアだけではない。世界の人口はまだまだ増えていくし、世界のGDPも伸びていくだろう。UNWTO(世界観光機関)が発表している世界の国際観光客到着数は、2016年に12億人であるが、2020年に14億人、2030年に18億人と右肩あがりの見通しがしめされている。

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年で訪日インバウンドは終わると思っている人もいるが、それは大きなまちがいである。我々が生きている間はずっと増え続けていくもの、それがインバウンドだ。国際観光産業は、今後持続的に成長していく唯一の産業といって良い。日本に呼び込めるかどうかは、我々の努力次第である。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 9月5日・6日の国際観光シンポジウムは、豪華なゲストに多数ご登壇頂きます♪みなさんにお会いできること楽しみにしております。 【主な登壇者】 アレ…

    9月5日・6日の国際観光シンポジウムは、豪華なゲストに多数ご登壇頂きます♪みなさんにお会いできること…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »