[連載]観光立国のフロントランナーたち 佐賀県・山口祥義知事(3)

  • 2017/6/13


「柿右衛門の器でご飯を食べたい」

中村 佐賀のポテンシャルを生かし、世界の人を呼び込むための戦略として取り組んでいることはあるでしょうか。

山口知事 私が非常に期待しているのは、「焼き物」です。佐賀には有田焼だけではなく伊万里焼、唐津焼、武雄焼、肥前吉田焼もあります。隣の長崎県には波佐見焼、三川内焼があります。このような恵まれた環境を生かそうと考え、長崎県と連携し、文化庁の日本遺産に認定された「百花繚乱プロジェクト(「日本磁器のふるさと 肥前 ~百花繚乱のやきもの散歩~」)」を展開しています。

続きはこちらへ。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 【世界の人口動態と国際観光人口の未来】 国際連合の推計によると、世界では毎年約8300万人の人口増加がみられ、地球の人口は2019年現在で約77億人…

    【世界の人口動態と国際観光人口の未来】 国際連合の推計によると、世界では毎年約8300万人の人口増…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »