[連載]観光立国のフロントランナーたち 佐賀県・山口祥義知事(1)

  • 2017/5/30


佐賀空港の愛称を「九州佐賀国際空港」に 九州の玄関口目指す

中村 佐賀県のインバウンドの状況や課題についてどのように見てらっしゃいますか。

山口知事 佐賀県の2016年の外国人延べ宿泊者数は約24万6000人で前年比28.8%増と非常に高い伸び率になりました。九州の中でインバウンドの伸び率は4年連続で一番です。ご存じのように昨年4月、熊本地震が発生し、九州全体では大きなダメージを受け、九州全体の外国人延べ宿泊者数は、翌月の5月はマイナス28.9%まで落ち込みました。

【関連サイト】佐賀県
しかし、7月から九州7県と九州観光推進機構が一体となって、「九州ふっこう割」を提案するなど積極的な情報発信をした結果、年間では4.2%のプラスでした。その中で、佐賀県は九州のインバウンドの窓口としての役割を果たしてきたのかなと思っています。

昨年1月のことなのですが、佐賀空港の愛称を「有明佐賀空港」から「九州佐賀国際空港」に変更しました。「佐賀」の空港というよりも「九州全体」の空港にしたいという県民のみなさんの声に加え、インバウンドの利用がずっと右肩上がりになっていることを受けたものです。年間の空港利用者数も70万人に迫るところまできています。

中村 愛称に「国際」という文字を入れられたのは、非常にユニークですね。成田空港や関西空港と肩を並べている感じがします。

続きはこちらへ。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 【世界の人口動態と国際観光人口の未来】 国際連合の推計によると、世界では毎年約8300万人の人口増加がみられ、地球の人口は2019年現在で約77億人…

    【世界の人口動態と国際観光人口の未来】 国際連合の推計によると、世界では毎年約8300万人の人口増…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »