[連載]観光立国のフロントランナーたち 百戦錬磨 上山康博社長(1)

  • 2016/11/7

日本のインバウンドビジネスの開拓に奔走するジャパンインバウンドソリューションズの中村好明社長が訪日ビジネスの最前線を進む人々を迎え、「観光立国」実現に向けた道筋について語り合う大型対談「訪日ビジネス最前線 観光立国のフロンティアたち」。第2回は、マンション・古民家などの空き部屋を宿泊施設として活用する民泊支援事業を展開する百戦錬磨(本社・仙台市)の上山康博社長をゲストに迎えました。

「民泊」に対する規制が緩和され、国家戦略特区に指定された東京や大阪での運用がスタートしました。これまで違法な形で行われ、トラブルも少なくなかった民泊はなぜこれからの日本に必要なのか。そして、適正に運営するためにはどうすべきなのか。日本での民泊ビジネスの将来を探ります。

「百戦にチャレンジ」決意の社名

201611042009_1-300x0.jpg中村 「百戦練磨」という会社名はインパクトがあります。社名にはどんな意味が込められているのですか?

上山 「百戦錬磨の人間がたくさん集まっているの?」なんて勘違いされますが、「百戦する」という決意表明でつけた社名なんです。1戦、2戦やって成功してもそこでとどまることなく、必ず3戦、4戦、10戦、100戦とチャレンジする。そんな意味が込められています。その意味では、練磨されるのですが。まあ、安定であったり、企業に人生をゆだねたりするような人にとっては、あまりいい会社ではないかもしれませんが、「こうしたい」という仮説を持って「それを実証したい」と考えている人にはやりがいのある会社です。

中村 今の主要なビジネスモデルはなんですか。

続きはこちらへ。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 9月5日・6日の国際観光シンポジウムは、豪華なゲストに多数ご登壇頂きます♪みなさんにお会いできること楽しみにしております。 【主な登壇者】 アレ…

    9月5日・6日の国際観光シンポジウムは、豪華なゲストに多数ご登壇頂きます♪みなさんにお会いできること…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »