[連載]観光立国のフロントランナーたち 澤の屋旅館 館主 澤功(2) 

  • 2016/10/10

ロンリープラネットからトリップアドバイザー

澤巧 そのころ、矢島旅館さんが、他の旅館に声をかけて「ジャパニーズ・イン・グループ」というグループを作っていました。私もそこに加わった。彼らは7万部のパンフレットを年2回計14万部、世界1,000カ所に送っていたんですが、その効果か、澤の屋は1982年は年間230人の訪日客があった。次の年には、それが3,000人になった。次の年は4,000人に。パンフレットをもらった外国の人が、それをまるで宝物みたいにしてもって来てくれた。

中村好明 効果は絶大でしたね!

澤 3年目ぐらいから部屋稼働率は90%を超えちゃった。あるとき、米国に住んでいるという若い日本のお嬢さんが来られた。「澤さんところ、こんなに外国のお客さんが入るのは、ガイドブックの『ロンリー・プラネット』に載ったからだよ」と教えてくれた。

続きはこちら。

It's only fair to share...
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

今日のなかよし

  1. 【世界の人口動態と国際観光人口の未来】 国際連合の推計によると、世界では毎年約8300万人の人口増加がみられ、地球の人口は2019年現在で約77億人…

    【世界の人口動態と国際観光人口の未来】 国際連合の推計によると、世界では毎年約8300万人の人口増…

動画

  1. JIF 観光立国として地方を創生するには公共圏の再創造が必要。そのための人材を育成する。

    日本インバウンド連合会は公共圏を失った地方を再創造することを通して観光立国を実現させます。そのた…

ポッドキャスト

  1. 松本直人さんを迎えてのみらいラジオも、いよいよ最終回となりました。 今回のテーマは、「…

このサイトをシェア

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

Language

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

関連リンク

ジャパンインバウンドソリューション
オフィシャルサイト
中村好明
Facebook
日本インバウンド連合会
オフィシャルサイト
ページ上部へ戻る
Translate »